「ワルキューレ」

「ワルキューレ」
監督   ブライアン・シンガー
出演   トム・クルーズ  ケネス・ブラナー  テレンス・スタンプ


第二次大戦末期。 
 ドイツ軍内部の者によるヒットラー暗殺計画が持ち上がる。

 首謀者は、シュタフェンベルク大佐。
 彼は、軍部のレジスタンス組織と手を組み、ヒットラーの暴走を阻止すべく ”ワルキューレ作戦” を立案、計画そして自らの手で実行にうつした。

 水面下で行われる作戦会議は、胃がきりきりするほどの緊張感が漂い、決死の覚悟でのぞむ彼らの苦悩ぶりは手に取るように伝わってくる。
 
 また、シュタンフェンベルク大佐を演じたトム・クルーズの渾身の演技も好感が持てた。

 ただ、この計画が失敗に終わることをあらかじめ知っていると、この緊張の後に続く展開や結末はどうしても空しく、興ざめしてしまう。
私たちは、映画にそって史実をおさらいしているに過ぎないという印象だけが残った。

 軍内部から反ヒットラーの気運が高まり、”ワルキューレ作戦”に至った経緯や時代背景、 極悪人ヒットラーはじめ登場人物の描写など、もう少し掘り下げて描かれていれば、外国人の私たちも、ドイツの悲劇の英雄にもう少し共感できたのではないかと思う。

 映画はサスペンスタッチで、クールな印象だった。
それにひきかえ、主役トム・クルーズの演技は、役に対する愛情たっぷりでとてもホット。
彼にはアメリカンドリームやハッピーエンドのヒーローがやはり相応しいように思った。

 ところで、この ”ワルキューレ作戦” 、本国ドイツではどのように受け止められているのだろう。
ドイツ人の手がけた作品も見てみたいものだ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 試写会『ワルキューレ』

    Excerpt: 3月6日よみうりホールで行われたトム・クルーズ主演『ワルキューレ』試写会に奥さん Weblog: 夫婦でデート racked: 2009-03-26 18:36
  • 「ワルキューレ」緊張の連続、サスペンスの1級品

    Excerpt: 「ワルキューレ」★★★☆ トム・クルーズ 主演 ブライアン・シンガー 監督、2008年、120分、アメリカ、ドイツ 「ドイツ帝国の全部が ヒトラーを支持して居たわけではない、 歴.. Weblog: soramove racked: 2009-04-11 22:41