純愛シネマ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「永遠のこどもたち」

<<   作成日時 : 2009/06/01 14:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

「永遠のこどもたち」
監督   J.A.バヨナ
出演   ベレン・ルエダ   ジェラルディン・チャップリン


 ある日、忽然と姿を消した幼い息子を探して、母親が辿りついた先は。。。

 子供を失った悲しみからしだいに狂っていく母の魂は、その純粋さゆえ、ついに霊的な世界へと踏み込んでいく。
 
 目に見えないものに懐疑的だった主人公ラウラの気持ちを映すように、前半部分はミステリアスな展開だが、やがて訪れる霊界との安らかな和解によって、彼女の心のわだかまりは消え、同時に私たちの心もいつの間にか癒されていることに驚く。
 
 閉鎖されて久しい老朽化した海辺の孤児院に引っ越してきた家族。
家の中の目に見えない相手と楽しげに会話していた息子シモンが、突然消えた。

 警察の捜査もむなしく、何の手がかりもつかめない母親ラウラは、息子が話していた霊の存在を疑い、夫の反対を押し切って霊媒師を呼び入れる。

案の定、霊媒師の口から家の中に苦しんでいる子供の霊がいることが告げられた。
彼女は真相を突き止めようと、孤児だった自分が幼少期を過ごしたこの建物に秘められた暗い過去へと遡っていく。

 童心にかえった彼女が、幽霊のお友達と ”達磨さんが転んだ” をして遊ぶ場面は、不気味な懐かしさと同時に、なにか物悲しいやるせない気分が漂ってくる。
 それは、彼女がもはや尋常な精神状態ではないこと、永遠の子供になってしまった哀しい事実を私たちに強烈に印象づける。

 そして、ついに息子を探し当てたラウラは、もう決して手放すまいと永遠の愛を選択した。

 子供の安否を心配し、一心不乱に捜し求める母親の執念は、たしかに尋常ではなかった。
しかし、見えない世界にさえ目を凝らそうとする一途さが、息子を引き寄せたことも事実だろう。

 結末はとても哀しいものだったが、彼女の愛は死によってしか成就できなかったと考えると、なんとも神々しくピュアな幕引きではなかったかと賞賛したい気持ちでいっぱいになる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「永遠のこどもたち」
原題:EI Orfanato ウノ、ドス、トレス、チョコラーテ・イングレス、いわゆる日本の&quot;だるまさんがころんだ&quot;と同じで、鬼ごっこ遊び〜障害を持つ子供に対するイジメと母親の愛〜 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/06/02 00:27
mini review 09373「永遠のこどもたち」★★★★★★★★☆☆
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。短編映画やミュージックビデオ制作で活躍するJ・A・バヨーナが初の長編監督を務め、主演は『美しすぎる母』のベレン・ルエダ。『クライムタイム』のジェラルディン・チャップリンや、『宮廷画家ゴヤは見た』のマベル・リベラが脇を固める。緻密(ちみつ)な人物描写は単純なホラー映画とは一線を画し、母親の深く強い愛をサスペンスフルに描いている。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/07/20 14:58
だるまさんがころんだ
「永遠のこどもたち」を観た。 調子に乗って言葉を連ねていたら、いつの間にかネタを割っていた。本作をま... ...続きを見る
MESCALINE DRIVE
2009/07/24 23:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとう。
ラウラの最後の二日間は、死の世界に近づいてこそ、霊と交歓できると言う確信がありましたね。鬼ごっこのメタファーもよく考えられていたと思います。
kimion20002000
2009/07/21 22:22
kimion20002000さん TB&コメント ありがとうごさいます(^.^)
死の世界をホラータッチで描写しつつも、見る人の心によって、それはボーダレスな、しかもある種の親しみさえ感じさせる世界としてとらえているところがとても素晴らしかったと思います。
つばめ
2009/07/22 18:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
「永遠のこどもたち」 純愛シネマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる