純愛シネマ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「誰も守ってくれない」

<<   作成日時 : 2009/02/07 10:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

「誰も守ってくれない」
監督   君塚良一
出演   佐藤浩市  志田未来  松田龍平


 殺人容疑で兄が逮捕され、突然容疑者家族の一員となってしまった少女沙織。
マスコミの執拗な取材攻撃から容疑者家族の人権を守るため、彼女の保護を命じられる刑事勝浦。
この二人の3日間にわたる逃避行を通じて、家族の崩壊と再生の道を模索する。

 容疑者の自宅前から、マスコミ中継が行われる中、警察と家族の間では秘密のやり取りが、息を殺すような緊張感と恐るべきスピードで取り交わされている。
なんと、離婚手続きまでやるとは! 驚いた。
 警察主導で進められる奇妙な光景は、とても興味深く、勢い身を乗り出して見入ってしまった。

 マスコミは競合他社に負けまいと、異常なまでの取材攻勢をかけてくるのだが、それを振り切りたい勝浦の危険な暴走行為は、空恐ろしい。
まるで、イギリス ダイアナ妃とパパラッチのあの惨劇を思い出す。

 そして、やっと辿りついたペンションでも、加害者家族と被害者家族の遠慮ない本音に板ばさみになる勝浦。

 ペンションのオーナーは、勝浦たちを笑顔で出迎えるいっぽうで、息子の殺人事件の責任は、当時事件の担当をしていた勝浦にあるのだと、語気を荒げる一幕も。
しかし、翌日には侘びをいれ、笑顔にもどるオーナーの不可解な心理。

どんなに怒っても、悲しんでも、愛する息子はもう、二度と戻ってこない。
この現実を受け入れざるを得ないと知りながら、どうしても諦めきれない苦しみが、永遠に被害者家族に付きまとう。

 一方、ペンションに保護されている沙織はというと、母親の自殺を知らされひどく動揺したのか、勝浦ら警察のやり方を非難しはじめる。  
むろん、兄の事件の謝罪など一切ない。
なんて娘だ!

 そんな私の気持ちを見透かすように、ネットでは加害者家族への誹謗中傷が殺到し、彼女の顔写真まで流出する始末。
野次馬もここまでくると、もはや悪魔そのもの。
匿名を利用して、他人の弱みに付込み、まるでストレス発散でもするかのように馬鹿騒ぎに興じる。
その多くが、平生何食わぬ顔をして生活しているから、なおたちが悪い。
これは、きっと人間性に問題があるのだろうが。

 沙織のボーイフレンドは、まさにこのタイプ。
彼氏の裏切りで、彼女はやっと事の重大さに気付く。

 たぶん、これからが彼女の本当の試練の始まりなのかもしれない。

 「痛みを分かってあげられる君が、家族を守るんだ!」

 勝浦のこの言葉は、彼女へのエールであると同時に、トラウマを抱えてくじけそうな自分、崩壊寸前の家族を救う責任を負う父親としての自分自身への応援歌にもなっているところが素晴らしい。

 被害者家族 と 加害者家族。
 それぞれ立場は違うが、逃げ出したいほど辛く、耐え難い運命を背負いこんでしまった点では同じかもしれない。
 
 運命を受け入れ、苦しみに耐え、そして乗り越えるほか解決方法はなさそうだ。 

 こんな時こそ、家族の団結と、底力が試される。
 一人では不可能なことも、家族が痛みを分かちあい寄り添えば、どんな険しい山も乗り越えられるのではないか。
運命共同体としての家族のありかたを、あらためて問いかけているように思えた。

 はかなげな歌声は、もの悲しい鎮魂歌のように深く心に染みてくる。

しかし、映画としては今一つパワー不足だと思った。
上質なテレビドラマを大スクリーンで鑑賞したという印象だ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
志田未来 画像
志田未来ちゃんが話題ですねなんと! 山田涼介クンとでーとが発覚したようです志田未来 画像志田未来画像... ...続きを見る
瓦版ブログ
2009/02/21 04:50
『誰も守ってくれない』
□作品オフィシャルサイト 「誰も守ってくれない」□監督・脚本 君塚良一&nbsp;&nbsp;&nbsp; □脚本  鈴木智   □キャスト 佐藤浩市、志田未来、松田龍平、木村佳乃、佐野史郎、佐々木蔵之介、柳葉敏郎、石田ゆり子■鑑賞日 1月24日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 第32回モントリオール世界映画祭では、最優秀脚本賞を受賞したこの作品。 その脚本家君塚良一がメガホンを取る。   ある日突然、殺人犯の妹になってしまった15歳の少女沙織... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2009/03/03 21:54
『誰も守ってくれない』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
キャストが来なきゃ映画を見る気がしない(爆)「レッツハンサム!」からあまりインターバルを空けず、またまた舞台挨拶へ行ったのだが、忙しくてUP出来ず2週間が経過・・・ドラマ化まで決まってた(爆)今回の舞台挨拶レポは、11/10に行われた第32回モントリオール世界映... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2009/03/04 22:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「誰も守ってくれない」 純愛シネマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる