純愛シネマ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「感染列島」

<<   作成日時 : 2009/01/31 10:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

「感染列島」
監督   瀬々敬久
出演   妻夫木聡  壇れい  国仲涼子  佐藤浩市


 新型インフルエンザの脅威が叫ばれている今、未知のウィルス感染がどれほど市民生活に深刻な影響を与えるものなのか知る手がかりになると思う。

 続々と搬送されてくる謎のウィルスに感染した患者たち。
高熱にうなされ、激しく吐血して亡くなる患者の悲痛な叫びに、医者は応える術を知らない。
先の見えない不安と絶望のなか、治療に当たる医師の心労は募り、感染者も出る始末。

 そんな病院に、救世主のように登場する栄子。
WHOからメディカルオフィサーとして派遣されてきた彼女は、感染に怯える医師や看護士たちを励まし、一致団結して謎のウィルス退治に乗り出す。

 とはいえ、気丈な彼女でさえ、ときに自信を失うほど苛酷な医療現場。
ウィルスは彼女の肉体をも蝕む。

 しかし、彼女は最後まであきらめなかった。

 高い志をもち、いつも自分を奮い立たせるように困難に立ち向かっていく彼女。
最後の決断は、彼女の医者としてのプライドを感じる見事なものだと思う。

 凛としたその表情は、とかく湿っぽくなりがちなドラマにきりっとした緊張感をもたらし、とても魅力的な女性に思える。

 そして、この映画のもう一つの魅力は、やはりあの大迫力のシュミレーション映像ではないだろうか。

 ウィルスの宿主探しの旅で目撃した貧しい島の恐るべき実態。  風評被害が引き起こす養鶏場関係者の悲劇。  都市機能を完全に失って廃墟と化した東京の町並み等。。。。
 どれも現実に起こってもおかしくないほどリアルで、鳥肌が立つような恐怖をおぼえた。

 そして、未知のウィルスの脅威から人々の命を守るためには、医療機関のみならず、国や行政、そして世界規模での連携や早急なワクチンの開発などどれも外せないものだと実感した。


 ダイナミックな前半部分の勢いが、終盤一変してセンチメンタルムードに流れてしまったことが、正直ちょっと残念。
とはいえ、さまざまなシュミレーション映像は、どれも新鮮な驚きで、観るものに強く訴えかけるパワーを感じた。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「感染列島」
物語の主題は新型インフルエンザの感染爆発と思わされるけど、実はエボラ出血熱に似た新型ウイルスの脅威に立ち向かう人々の過酷な生と死がテーマ〜 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2009/02/22 15:32
mini review 09374「感染列島」★★★☆☆☆☆☆☆☆
人類が体験したことがない新型ウイルスが原因で起こる、感染拡大の恐怖と闘う人々の姿を描く、泣けるパニック・エンターテインメント。『泪壺』の瀬々敬久が脚本と監督を手掛け、新型ウイルスの爆発的な伝播が現実の社会や人々に、どのような影響を与えるかをリアルなアプローチで問う。救命救急医役の妻夫木聡をはじめ、檀れいら実力派キャストが集結。ウイルスと人類の戦いという絵空事ではないテーマに、正面から挑んだシミュレーション・ムービーとしても注目。[もっと詳しく] ...続きを見る
サーカスな日々
2009/08/02 02:21
感染列島
神に裁かれるのは人間か?ウィルスか? ...続きを見る
Addict allcinema おすす...
2009/09/20 19:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「感染列島」 純愛シネマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる