純愛シネマ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「アドレナリン」

<<   作成日時 : 2008/07/03 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「アドレナリン」
監督   ブライアン・テイラー  ネブェルダイン
出演   ジェイソン・ステイサム  ドワイト・ヨアカム  ホセ・パブロ・カンティージョ

 

 眠ってる間に、敵から毒薬を盛られた殺し屋のチェリオス。
一時間以内に死ぬと宣告されたが、友人の医者から、アドレナリンを出し続けることで死を遅らせることが可能だと知らされる。

 アドレナリンは、興奮したり、危険や恐怖によって、極度の緊張状態を強いられた時に出るものらしい。

 彼のアクションは、まさにアドレナリン出まくりの超危険な破壊行動ばかりだ。
なかでも傑作だったのは、チャイナタウンでの公然セックス。
命がけとはいえ、あれほど大らかな男女もそういまい。 

 死に物狂いの暴走は、はた迷惑も甚だしい。 
だが、生きようと、なりふり構わず突っ走る様は、ある意味清々しく、羨ましいとさえ感じた。

 死のカウントダウンの悲壮感も、血眼で興奮するあの姿を見れば、どうしたって噴き出さずにはいられない。

 そして、負けっぷりも、思いのほかカッコよかった。
死のダイビング中に、愛の留守電を入れる離れ業。
イブでなくともあの愛らしさには、舞い上がってしまう。

 まさしくアイディアの勝利だろう。
 
 桁外れのスピード感、刺激的でめまぐるしいアクションに、見る者のアドレナリンもぐんぐん上昇する。
とっても愉快な娯楽映画だ。

 主人公 のジェイソン・ステイサムは、まさにはまり役。
華麗なアクションに、渋くてキュートなキャラクターが加わり、魅力全開だった。

 ”トランスポーター”や”ミニミニ大作戦” のニヒルなアクションも新鮮だったが、今回の作品ではあの風貌も手伝って、ユニークで親しみやすいキャラクターに仕上がっている。 
今後の作品が楽しみだ。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「アドレナリン」 純愛シネマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる